観光地が混んでいない

ストレスなく旅を楽しめる

沖縄旅行といえば、マリンスポーツが楽しめる春から夏の時期に観光客が集中するものです。冬に沖縄に行くと寒くて楽しめないとイメージする人は多いですが、実はシーズン外に行くからこそのメリットがあります。それは、観光客が圧倒的に少ないので観光地が混んでいないことです。そもそも観光のピークに当たる夏の沖縄は、国内外からたくさんの観光客が押し寄せます。そのため、人気のビーチや観光地スポットなどは常に混雑していて思った以上に体力を消耗してしまいます。しかし、シーズン外の場合、観光客があまりいないので、テーマパークや飲食店の待ち時間がそれほどなくストレスがありません。また、道もすいているのでレンタカーでの移動も快適です。

オフシーズンは旅行費が安い

オフシーズンに沖縄旅行に行けば、旅行費を節約できることもメリットといえます。一般的に沖縄への旅行代金は、季節によって大幅に変わることで知られています。とりわけゴールデンウィーク、7月と8月の夏の時期は観光のピークを迎えるので、一年の中でも最も旅費が高くなります。しかし、冬を迎えると観光客が減っていくので、比較的安い費用で旅行を楽しむことが可能です。飛行機代をはじめホテルでの宿泊費はかなり安くなるので、少し高級なホテルにも泊まりやすくなります。

オフシーズンの沖縄は寒いのではないかと不安に感じる方も多いですが、沖縄の11月の平均気温は22℃、12月は18℃と温かいです。なので、寒さを気にせずゆっくりと観光を楽しめます。