気温が冬でも暖かい

どれくらい暖かいのか?

ハイシーズンではない時期に沖縄旅行をするメリットは多数ありますが、その中でも気温の高さは極めて大きいと言えます。例えば、日本最北端の都道府県や本州の標高が高い地域では、厳冬期に日中の気温がマイナス域を出ない日もあるほどです。また、ある程度暖かい地域においても、朝の最低気温が氷点下を下回る地域がたくさんあります。一方、この県の本島は真冬に朝の最低気温が氷点下となる日は一切ないだけでなく、摂氏10度を下回る日すらほとんどないような状態です。さらに最高気温については20度前後の日が多く、25度前後になるも存在します。 緯度がさらに低い南部に離島については、本島より気温が数度高くて昼間の最高気温が25度を超える日が多い傾向です。その他、春が近づく2月下旬ともなると最低気温が20度以上となる日も出てきます。

気温が高い事のメリット

続いて、冬季において気温が高い事のメリットを具体的にいくつかご紹介します。まず服装面で言うと、日本の寒冷地帯では冬季に外に出るとなると防寒対策としてかなりの厚着をしなくてはなりません。一方、この県においては冬季の日中・夜に気温が摂氏10度以下となる日が基本的にないため軽装で過ごせます。それに連動して、コートをはじめとする重衣料を持ち込む必要が一切ないため、旅行で寒冷地帯に向かう場合とは対照的に荷物の量が減ります。

続いて、本州の標高が高い山においては冬季に閉山となって登れなかったり山小屋が閉鎖となるケースがあります。しかし、この県は冬季でもある程度軽装で山に登れますし、そんなに標高が高い山が存在しない事もあって山頂でも寒さに震えることなく快適に過ごす事が可能です。その他、真冬でも軽装で天体観測を出来る事などもメリットと言えるでしょう。