春の沖縄旅行を楽しむには?

春の沖縄の気候とはどのような感じなのか

沖縄旅行というと長期休暇をとることが出来る、夏に行くという人が多いのではないのでしょうか。しかし春の沖縄も魅力的であることを知る人は、意外にも少ないようです。沖縄の春(3月から4月)の平均気温は約20度前後、最高気温は24度くらいといわれています。晴れた日の日中は暑さを感じるほどで、日差しが注ぐと日に焼けることもあります。そのため日焼け止めは必須アイテムです。また朝晩は冷え込むことが多く、一枚羽織るようなもの(カーディガンなど)を用意しておくと安心です。沖縄の春の恒例行事ともいえる海開きが各ビーチで行われますが、海の安全を祈ることは勿論、伝統芸能であるエイサーや組踊りなどが披露されたり、花火やライブなどが行われたりと、海開きも沖縄の春を感じる行事であるといえます。

春に行くおすすめスポット

沖縄に春に行くからこそ見ることが出来る、そんな季節限定のものを探す沖縄の旅はおすすめです。例えば沖縄北部にある東村には約5万本のツツジが咲き誇り、また伊江島では100万輪ものテッポウユリが見事な花を開花させます。花の開花を喜ぶ祭りが行われるため、多くの人が訪れる春の観光スポットとして有名です。また春は様々なイベントが開催されていて、中でも恩納村では毎年沖縄窯元が最大数参加する、焼き物市が行われます。この焼き物市では漆喰シーサーの色づけが行われたり、物産コーナーもあるのでその土地で生産されたものを、購入することが出来ます。また日本一早い花火大会として宜野湾海岸公園で、約1万発もの花火が打ち上げられます。夏空に見る花火も素敵ですが、春の沖縄の夜空に煌めく花火もまた必見です。